ガジェット

4K放送ってどう見るの?4Kテレビには4K専用チューナーが必要?!

4K

みなさん、テレビ見てますか?

わが家には4Kテレビがあります。けっこう奮発して3年前に買いました。

当時4Kの方がきれいだから!なんか新しいから!やっぱりソニーでしょ!

という理由で購入しましたが、おおむね満足しています。ちなみに55型で、わが家のリビングでの存在感はかなり大きいです。

ここ最近『4K放送』という言葉をよく耳にするようになりました。NHKをつけていると4K8K放送をアピールしています。深田恭子さんがでているやつです。

そんなに話題なら見てみようとためしてみたのですが・・・

ヨシタカ
ヨシタカ
見れませんでした/(^o^)\

わが家の4Kテレビでは4K放送が見れない理由があったんです。

今回は、わが家で4K放送が見れなかった理由どうすれば4K放送が見られるか、お話したいと思います。

そもそも4K放送ってなに?

最近話題になっているのは、昨年12月からスタートしたBS/CSの「新4K8K衛生放送」なんです。

地上デジタル放送ではなく、衛生放送

ここがまずわたしの認識違いでした。

総務省のホームページに詳細が載っていました。

4K8K画素数
画像出典:総務省|4K放送・8K放送情報サイト

ちなみに現在のフルハイビジョン(2K)と比較すると、

4Kは約48Kは約16倍の解像度

になります。

画素数でいうと、

  1. 2Kが約200万画素
  2. 4Kが約800万画素
  3. 8Kが約3300万画素

です。

画素が大きいほど細かくなり、それだけ高精細ってことになるんです。

ちなみに8Kレベルになると肉眼では見えにくいものまで見えるようになり、医療用途などが期待されているんです。

4K放送のポイントはあります。

4K放送のポイント
  1. 地上波で放送されている番組が4Kになるわけではない
  2. BS/CS放送の一部が4Kで放送されている(8KはNHKだけ)
  3. ひかりTVやスカパー!など有料映像配信サービスでも4K放送を見ることができる

そして今話題になっている4K放送はBS/CSの4K衛星放送の話なんです。

なぜ4K放送は見れなかったのか?

では、なぜ4K放送がみれなかったかというと、

わが家の3年前に購入したソニー4Kテレビは

BS/CSK放送用チューナーが内蔵されていないテレビ

だったから

というわけです。

ヨシタカ
ヨシタカ
4Kの衛星放送に対応したチューナーがなければ今話題の新4K衛星放送は見れないんですね。

新4K衛生放送を見るためには?

そこで、どうすれば新4K衛星放送を見れるかと言うと、すでに4Kテレビを持っていて新4K衛星放送を見たい場合は、外付けのチューナーを購入する必要があるんです。

または、ケーブルテレビと契約してセットトップボックス(ケーブル放送を受信する機器)を接続すればいいんです。

シャープやソニーなどから新4K衛星放送に対応した外付けチューナーが発売されています。価格は3~5万円程度です。ダブルチューナーの裏番組録画機能などで値段に幅があります。

1位 地上・BS4K・110度CS4Kチューナー DST-SHV1(ソニー)
2位 4Kチューナー TU-BUHD100(パナソニック)
3位 4Kチューナー 4S-C00AS1(シャープ)
4位 REC-ON EX-BCTX2(IOデータ機器)
5位 PIXELA 4K Smart Tuner PIX-SMB400(ピクセラ)

BCNランキング(2019/02/19)より引用

created by Rinker
¥23,800
(2019/08/24 12:38:04時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥19,009
(2019/08/24 22:28:23時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥21,915
(2019/08/24 22:28:23時点 楽天市場調べ-詳細)

ただし、これからテレビを買う場合は4Kチューナー内蔵テレビの購入をオススメします。

わが家の4Kテレビは対応していないのですが、最近のテレビはHDR(ハイダイナミックレンジ)が当たり前になっていて、明暗差がより大きくよりリアルな描写が可能になっているんです。

各社メーカーさんから発売されています。

東芝 55V型 4Kチューナー内蔵テレビ(55X920)

created by Rinker
¥299,921
(2019/08/24 00:57:03時点 楽天市場調べ-詳細)

8Kチューナー内蔵テレビなんてのもあるんですよ。

シャープ 60V型 8Kチューナー内蔵テレビ(8T-C60AX1 )

created by Rinker
¥693,705
(2019/08/24 22:28:23時点 楽天市場調べ-詳細)

50万?70万?!

ヨシタカ
ヨシタカ
ちょっとまだまだ高いですね・・・。手が届きません。

どんな番組が見られるの?

4Kチューナー内蔵テレビ、または4Kテレビと外付け4Kチューナーを用意することで下記の6チャンネルをみることができます。こちらは現行のBS/CSアンテナで対応可能です。

BS右旋放送
  1. NHK BS4K
  2. BS朝日4K
  3. BS-TBS4K
  4. BSテレ東4K
  5. BSフジ4K
  6. BS日テレ4K(2019年9月1日開始予定)

参考:総務省(4K放送・8K放送情報サイト)

これら6チャンネルはいわゆるNHKと民放5局で、民放5局については特別な契約をせずとも無料でみることができます。

NHK BS4Kでブラタモリが放送されているみたいなので、個人的に興味ありです。

次に、新しい電波に対応したアンテナが必要なチャンネルです。

BS左旋放送
  1. NHK BS8K
  2. ザ・シネマ 4K
  3. ショップチャンネル 4K
  4. 4K QVC
  5. WOWOW(2020年12月1日開始予定)

こちらはスカパー!の有料チャンネルになります。

CS左旋放送
  1. J SPORTS 1(4K)
  2. J SPORTS 2(4K)
  3. J SPORTS 3(4K)
  4. J SPORTS 4(4K)
  5. 日本映画+時代劇 4K
  6. スターチャンネル 4K
  7. スカチャン1 4K
  8. スカチャン2 4K

これらの番組を見るためには、アンテナや分配器などのテレビ周辺機器をそれに対応したものに変更する必要があるんです。マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方は、アンテナを変えるのは少し敷居が高いですよね。

この前家電量販店に行ったらシャープの8Kテレビが売り出されていてとてもキレイでしたが、まだまだお高いのでなかなか手が届きません。そもそもマンションやアパートに住んでいる場合はBS/CSアンテナがどうなっているのかも調べなくてはなりません。

他に新4K衛星放送を見る方法は?

じゃあ、アンテナなくても見る方法はないの?って気になりますよね。

アンテナ経由ではなくケーブルや光回線でテレビを見るという方法があるんです。

  1. ケーブルテレビ(J:COMなど)
  2. ひかりTV
  3. フレッツ・テレビ

があります。

ヨシタカ
ヨシタカ
ちなみに、J:COMはわたしの住んでいる地域ではサービス提供外でした。。。

参考:https://www.jcom.co.jp/service/tv/4k/

ひかりTVとフレッツ・テレビの違いは?

NTTにはひかりTVフレッツ・テレビがある?どういうこと?

というわけで、比較してみました。

かんたんにまとめるとこんな感じです。

ひかりTV:

新4K衛星放送は2019年春頃から対応予定で、専用チューナーからHDMIケーブルでテレビにつなぐ

フレッツ・テレビ:

現在、新4K衛星放送には一部対応していて、宅内装置から同軸ケーブルでテレビにつなぐ

ヨシタカ
ヨシタカ
それでは、それぞれ詳しく見てみましょう。

ひかりTVについて

新4K8K放送は2019年春開始予定です。下記サイトの下の方に書いています。

参考:https://www.hikaritv.net/4k/description/

専用のチューナーが必要になるのがフレッツ・テレビとの違いです。

  1. 専用のチューナーとテレビをHDMIケーブルでつなげます。
  2. ひかりテレビはテレビ1台につき専用チューナー1台つけないといけません。ただし、2台までしか増設できません。
  3. トリプルチューナーなら、1チャンネル視聴+2チャンネル同時裏録画が可能!
  4. キッチンでも電車内でもスマホ・タブレットでひかりTVを楽しめます。
  5. 光回線の契約はフレッツ・テレビ同様に別に必要です。

チューナーがレンタルになるということで、今チューナーの内蔵されていない4Kテレビを持っている場合は、ひかりTVも候補になりますね。

新4K8K放送は今年の春から開始予定なので今後値上がるのか、気になるところです。

フレッツ・テレビについて

フレッツ・テレビはアンテナいらずでBS4K放送5チャンネルがみれます。NHK BS4K、BS朝日4K、BS TBS4K、BSテレ東4K、BSフジ4Kの5つです。

さきほどご紹介した左旋にあるBSとCSのチャンネル(8K含む)にはまだ対応していないようです。今年2019年の夏以降に対応するようです。

参考:https://flets.com/ftv/4k8k/

  1. 新4K衛星放送を受信可能なチューナー内蔵テレビが必要となります。
  2. 4K対応テレビを持っている場合は新4K衛星放送対応チューナーを自分で用意する必要があります。
  3. フレッツ・テレビの場合、アンテナの代わりに宅内装置から直接テレビに同軸ケーブルでつなげます。
  4. 光回線の契約は別に必要です。

また、スカパーの有料チャンネルは別途オプション契約が必要となります。

ヨシタカ
ヨシタカ
どちらもメリット・デメリットはありますね。。

まとめ

4K放送はまだ昨年12月から始まったばかりなので、今後どんな番組が放送されるのか、見たい番組があるのか、気になるところですよね。

わが家は目下検討中ですが、そのうち外付け4Kチューナーを買ってブラタモリ4Kがみてみたいです。

以下、まとめです。

まとめ
  1. 新4K衛星放送に対応していない4Kテレビから、無理して4Kチューナー内蔵テレビに買い替えは不要
  2. 4Kテレビを既に持っている場合は、新4K衛星放送対応のチューナーを購入すれば新4K衛星放送が見れる
  3. 画質もどんどん良くなっている4Kチューナー内蔵テレビ(HDR対応)が出回ってきているので、買いたいときが買い替えどき
  4. ひかりTVは新4K8K対応は春開始予定。ひかりTV4チャンネルという専門チャンネルがある。4Kチューナーはレンタル予定。
  5. 自宅にアンテナがない場合、フレッツ・テレビに加入すると新4K8K放送の一部(5チャンネル)が視聴可能。ただし、4Kチューナーや4Kチューナー内蔵テレビが必要

ぜひ新4K衛星放送に興味がある方は4Kチューナー内蔵テレビを、
4Kテレビを既にお持ちの方は外付けの4Kチューナーを検討してみてはいかがでしょう?

こちらの記事もおすすめ!