ライフハック

BS8K放送を観る方法は?アンテナの交換が必要?【新4K8K衛星放送とは】

8Kを観る方法

「BS8K放送を観る方法は?」

「アンテナの交換が必要?」

今回は、『新4K8K衛星放送』、特にBS8K放送をどうすれば観られるかについてご紹介します。

令和初NHK技研公開2019の地下展示ではもっとマニアックな世界が拡がっていました。

NHK技研公開2019地下

画像出典:会場マップ -NHK技研公開2019

どれも興味深いものばかり。

まず地下に行ってはじめに目についたのが、4K・8K受信方法の説明・相談コーナー

ご家庭で「NHK BS4K」、「NHK BS8K」をご覧いただくには、対応する受信機および受信設備が必要となります。このコーナーでは、ご家庭で「NHK BS4K」、「NHK BS8K」をご覧いただく際のポイントについてご説明します。NHK技研公開2019-4K・8K受信方法の説明・相談コーナーより引用

ヨシタカ
ヨシタカ
実際にどうすれば『新4K8K衛生放送』が観れるのか相談してきました♪

新4K8K衛星放送を見るための注意ポイントには以下です。

  1. 2017年まで発売されていたテレビには『新4K8K衛星放送』を受信するチューナーが搭載されていない。
  2. 2018年以降、各メーカーから『新4K8K衛星放送』を視聴することができるテレビが発売。
  3. チューナーを内蔵していないテレビでも、外付け4K8Kチューナーを接続することで、『新4K8K衛星放送』を視聴することができる。

『新4K8K衛星放送』とは?

『新4K8K衛星放送』2018年12月から始まった新しい放送サービス

家庭で「NHK BS4K」「NHK BS8K」を観るには、対応する受信機および受信設備が必要です。

4K・8K受信方法の説明
画像出典:4K・8K受信方法の説明・相談コーナー 技研公開2019

4K・8K受信機:

  1. 2017年まで発売されていたテレビには「NHK BS4K」、「NHK BS8K」を受信する機能(チューナー)が搭載されていない
  2. 2018年以降、各メーカーから「NHK BS4K」、「NHK BS8K」を視聴可能なチューナー内蔵テレビが発売されている。
  3. チューナーを内蔵していないテレビでも、外付け4K・8Kチューナーを接続することで、「NHK BS4K」、「NHK BS8K」を視聴することができる。

4K・8K対応の受信設備

  1. これまでのアンテナ(右旋専用)では、「NHK BS4K」などの一部の4K番組のみ受信できる。
  2. 「NHK BS8K」を含めた全ての4K・8K番組を受信するには、右左旋対応アンテナへの交換が必要。また、ブースター等の機器交換が必要な場合がある。

こちらが8Kチューナー内蔵テレビ。

そして、外付けの8Kチューナー。

この外付け8Kチューナーを使えば、4Kテレビでも8K放送(今だとNHK BS8K)を受信して視聴することが出来ます。

ヨシタカ
ヨシタカ
あまり意味がないかもしれませんけどね。。

アンテナはどうするの?

8Kを観る方法

8K放送を観るためには、機器の変更が必要。

8K放送は従来のBS放送で使用されている電波よりも高い周波数の『BS左旋』という帯域にあります。

具体的には、

  1. アンテナ
  2. ブースター
  3. 分配器
  4. 壁面端子

これらを4K8K対応の機器に変更する必要があります。

裏を返すと・・・

4K放送だけなら上記の機器交換は不要です。

ケーブルの配線を変更する?

プラスチック光ファイバー

プラスチック光ファイバーによるケーブル配線が提案されていました。

従来の同軸ケーブルよりも細くて軽いのが特徴だそうです。

確かに、プラスチックかメタルかですもんね。

POFケーブルと同軸ケーブル
ヨシタカ
ヨシタカ
光ファイバーって何だか折れそうなんですが?

プラスチック周りのカバー(被覆)を工夫しているので、簡単には折れないようです。

光ファイバーなので、光信号を受信する装置が必要なんだとか。

卓上の小型の受信機が展示されていました♪

POF卓上型装置

周波数を変換する?

周波数変換装置による改修

もう一つは周波数を変換する方法。スカパーJSATとNTTが採用している方式だそうです。

既存設備に周波数変換装置を用いることで、設備の有効利用ができるそうです。




ケーブルテレビでの『新4K8K衛星放送』の視聴方法は?

ケーブルテレビ4K8K

ケーブルテレビには2つの方式があります。

  1. パススルー方式
  2. トランスモジュレーション方式

パススルー方式はチューナー搭載のテレビが必要。

一方で、トランスモジュレーション方式は外付けの機器(セットトップボックス)があるので、4K対応テレビであれば視聴可能とのこと。

2019年売れ筋4Kテレビは?

東芝のREGZAやSONYのBRAVIAが人気です(価格ドットコム調べ)。

43インチ~55インチまで、価格帯も色々ですが、出始めの頃よりもだいぶ値段がさがってきましたね。

10万~20万ほどの価格まで下がってきました。

いまやHDR対応が当たり前になってきたので、画質にこだわるなら、外付けチューナーよりもテレビを買い替えた方がお得かもしれません^^

まとめ

『新4K8K衛星放送』を観るには色々な設備更改が必要です。

新4K8K衛星放送を観る方法
  1. 2017年まで発売されていたテレビには『新4K8K衛星放送』を受信するチューナーが搭載されていない。
  2. 2018年以降、各メーカーから『新4K8K衛星放送』を視聴することができるテレビが発売。
  3. チューナーを内蔵していないテレビでも、外付け4K8Kチューナーを接続することで、『新4K8K衛星放送』を視聴することができる。

8K放送を観るためには8Kテレビが必要ですが、だんだんと値段がこなれてきました。

4K放送を観るためには・・・

ヨシタカ
ヨシタカ
わが家のテレビは4K対応テレビですが、チューナーが内蔵されていません。

もっともっと魅力的な4K8K番組が増えてきたらテレビの買い替え外付けチューナーを検討してみようと思います♪

ソニー 55V型 4Kチューナー内蔵テレビ(KJ-55A9G)

ヨシタカ
ヨシタカ
他の記事もご興味がある方はぜひご覧ください^^

4K放送ってどう見るの?4Kテレビには4K専用チューナーが必要?!

令和初のNHK技研公開2019 未来のメディアってどうなるの?(基調講演編)

令和初のNHK技研公開2019 AR、VR、3D体験が楽しい!(展示編)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です