ガジェット

【Echo Flexレビュー】モーションセンサーの使い方、定型アクションの設定方法をご紹介!

【Echo Flexレビュー】モーションセンサーのおすすめ使い方、定型アクションの設定方法をご紹介!

「Echo Flex(エコーフレックス)のおすすめの使い方は?」

「定型アクションってどう設定するの?」

電源コンセントに差すだけで使えるスマートスピーカー、Echo Flex(エコーフレックス)を買ってみました!

Echo Flexは2,980円でコスパが良く、天気を確認したり、ハンズフリーで通話をしたり、スマート家電を操作するなど、音声で色々なことが出来ます。

これまで色々なスマートスピーカーとスマート家電を組み合わせて、わが家のスマートホーム化を楽しんできました。

関連記事【Amazon Echo】アレクサで出来る9つの活用方法とフレーズを徹底解説!

今回、Echo Flexを購入した目的は、モーションセンサー

Echo Flexとモーションセンサーを組み合わせることで、動きを検知したり未検知の場合に様々な動作(定型アクション)が設定できるんです。

わが家では、Echo Flexを廊下に設置して、夜の帰宅時に廊下を通って感知すると自動でリビングの照明がついて最新のニュースが流れるように設定してます。

買い物帰りとか手がふさがってたり、小さい子供がいると、電気をつけるのも億劫だったりするんですよね。。

Echo Flexはこんな人におすすめです。

こんな人におすすめ
  1. スマート家電と連携したい方
  2. モーションセンサーに興味のある方
  3. 音声を出すのが面倒くさい方

今回は、Echo Flexのセットアップ手順やモーションセンサーの使い方、定型アクションの設定方法をご紹介します!

Echo Flexとは

Echo Flexって何?

Echo Flexはプラグイン式のスマートスピーカーです。

電源コンセントに差すだけで使えます。

プラグイン式スマートスピーカーのEcho Flexは、電源コンセントに差し込むだけ。即座に情報を得る、買いたいものをショッピングカートに追加する、天気を確認する、ハンズフリーで通話をする、スマート家電を操作するなど、音声を使って様々なことができます。※Wi-Fi環境が必要です。また、初回起動時には設定が必要です。Amazon-Echo Flexより引用

ボタンは『アクションボタン』『マイクオフボタン』の2つ。

Echo Flex本体の側面のAUXオーディオ出力で外付けスピーカーと接続出来たり、本体底面のUSB-Aポートでモーションセンサーと接続したり、充電(7.5W出力)が出来たりします。

Echo Flex仕様

あわせて、モーションセンサーはEcho Flex専用です。

このモーションセンサーは120°の視野角で最大6メートル離れた動きを検出できる受動赤外線(PIR)センサーで動体検知として精度高めです。

Third Reality の Echo Flex 用モーションセンサーは、120°の視野角で最大6メートル(20 フィート)離れた動きを検出できる受動赤外線(PIR)センサーです。モーションセンサーを Echo Flex 本体の USB ポートに接続するだけで、Alexa は自動的に検知します。Alexa アプリを使用すると、(i)動きを検知した時または(ii)一定の期間動きを検知しなかった時に作動する定型アクションを作成できます。 Amazon-Third Reality モーションセンサーより引用


Echo Flex、セットアップ手順

Echo Flex、セットアップ手順

さっそく、Echo Flexの開封の儀です!

Echo Flex開けてみる

中身を開けてみると、Echo Flex本体と説明書。

Echo Flex本体と説明書

Echo Flexは大きいかと思いきや、手のひらサイズです。

Echo Flex手のひらサイズ

さっそくセットアップを開始!

といっても、コンセントに差すだけです♪

Echo Flexコンセントに差す

購入時に【Amazonアカウントに登録(簡単セットアップ)】にチェックを入れていたので、WiFiのセットアップは不要でした。

Wi-Fi簡単設定を有効にするため、デバイスをあなたのAmazonアカウントに登録します。

Amazon 端末がすでに Wi-Fi に接続されていて、 Wi-Fi 用パスワードが Amazon に保存されている場合、 Wi-Fi 簡単設定は以前の端末にリンクされているアカウントを認識し、 Amazon に保存されたパスワードを使用して新しい Wi-Fi 簡単設定対応端末を自動的に接続します。

Echo FlexはWiFi簡単設定対応端末なので、自動的にリンクされました。

Echo Flex WiFi接続

色々とEcho Flexがしゃべってましたが、5分ほど放置して自動で設定完了です。

念の為、アレクサアプリでデバイスからEcho・AlexaをタップするとEcho Flexが追加されてました。

アレクサアプリでデバイス確認

次は、メインのモーションセンサー開封の儀!

モーションセンサー開封

モーションセンサーの中身です。

モーションセンサー中身

Echo Flexの底面にUSBポートがあるので、そこに差します。

Echo FlexのUSBポート

特に設定をする必要はなく、モーションセンサーも自動で認識してくれました。

モーションセンサーとEcho Flex接続

以上でEcho Flexのセットアップは完了です。

モーションセンサーの定型アクション設定方法

次は、モーションセンサーの定型アクションの設定です。

定型アクションはスマホのアレクサアプリから設定します。

まずは、アプリ画面右下の【デバイス】をタップします。

アレクサアプリデバイス画面

次に、画面左上の【三】をタップして、定型アクションを選択します。

アレクサアプリ定型アクション

マイ定型アクションが表示されるので、画面右上の+をタップします。

アレクサアプリマイ定型アクション

新しい定型アクションを作成します。

アレクサ新しい定型アクション

設定項目は下記です。

  • 定型アクション名を入力
  • 実行条件を設定
  • アクションを追加

定型アクション名は何でも構いませんが具体的な方がいいです。

例えば、「帰宅時に照明つける」など。

実行条件を設定では、【スマートホーム】を選びます。

実行条件を選択

デバイスを選択という画面に【一番目モーションセンサー】が表示されてます。こちらはデフォルト名なのであとで変更も出来ます。

Echo Flexデバイスを選択

モーションセンサーでは、【未検出】と【検出】を選ぶことが出来ます。

モーションセンサー未検出と検出

例えば、「モーションセンサーが30分動きを検知しなかったら、電気を消す」だったり、「モーションセンサーが動きを検知したら電気をつける」ことも出来ます。

照明との連携はスマートリモコン、Nature Remo miniを使ってます。

Nature Remo miniについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

リモの壁掛け
【Nature Remoレビュー】ネイチャーリモミニは壁掛けが便利!大きさ、機能、価格の違いは? 「Nature Remo(ネイチャーリモ)とNature Remo mini(ネイチャーリモ ミニ)の違いは何?」 「ネイ...

設定が完了したら、画面右上の【保存】をタップすれば完了です。

定型アクション時間指定

最終的には、下記のような設定にしました。

帰宅時に照明つけるアクション
  1. リビング照明:電源オン
  2. ライブラリ照明:電源オン
  3. アレクサのひと言:おかえりなさい!
  4. フラッシュニュースを再生
定型アクションの内容

アレクサのひと言やニュースはEcho Flexではなく、他のEcho端末(今回はメインで使っているEcho Show 5)で流すよう設定出来ます。

その他、様々なアクションやアレクサのひと言があるので、結構面白いです。

ヨシタカ
ヨシタカ
さすがに毎回動きを検知するたびに天気やニュースを流すのはくどいですけどね;

Echo Flexで気になること

Echo Flexで気になることが下記3つです。

  1. Echo Show5よりも音声の感度が良い
  2. モーションセンサーの反応が敏感
  3. 音楽を流すのはいまいち

Echo Show 5よりも音声の感度が良い

わが家ではリビングでEcho Show 5を使っています。

関連記事Echo Show 5の使い方、おすすめ機能3選。dotと置き換えてカラオケが捗る!?

ヨシタカ
ヨシタカ
アレクサ、明日の天気は?

とEcho Show5に呼びかけたつもりが、廊下にあるEcho Flexが反応することがよくあります。

この場合、スマホのアレクサアプリでウェイクワードを変更すると、混同しなくて便利。

もう1つの方法として、強制的にマイクオフボタンを押して音声に反応しないようにすることも出来ます。

マイクオフになるとLEDが赤色に点灯し、もう一度マイクオフボタンを押せば解除です。

マイクオフボタンを押す

モーションセンサーの反応が敏感

廊下にEcho Flexを設置したことで、廊下を通るたびにニュースが流れたり、電気がついたりします。けっこう、モーションセンサーの反応は敏感です。

わが家では、4歳児がそれはもう廊下を走り回るので、モーションセンサーが反応しまくります。

公式サイト情報だと、最大6mまで検知可能とのこと。

広範囲 – 最大6メートル(20フィート)離れた場所の動きを検知可能。

この現象を避けるためには、定型アクションで細かく設定してあげることで解決します。

例えば、平日の帰宅時に1回だけモーションセンサーで動作させたい場合は以下のような設定にします。

  • 実行する日:月曜から金曜
  • 期間を指定:18:00-20:00
  • 再実行までの間隔:4時間
Echo Flex定型アクションの設定例

【再実行までの間隔】を期間を指定した時間以上(例では4時間)に設定することで1回だけの動作にすることが出来ます。

音楽を流すのはいまいち

Echo Flexのスピーカーはモノラルだし、いまいちです。

もともと音楽を聴く用途としてEcho Flexを買ったわけではないので、あまり期待していませんでした。

よい良い音質で効きたい場合は、外付けのBluetoothスピーカーに接続するという方法があります。

スマホのアレクサアプリからデバイスを選択して、Echo・AlexaをタップしてEcho Flexを選択。

すると、接続デバイスという項目のスピーカーから変更することが出来ます。

変更をタップすると下記画面になるので、内蔵スピーカーからBluetoothに変更出来ます。

Echo Flex内蔵スピーカーEcho Flex Bluetooth

わが家のSONYのBluetoothスピーカー、SRS-X3と接続してみました。

音質の悪さはこれで解決できます。

SONYのブルートゥーススピーカーと接続

その他、Echo Flex活用例

その他、Echo Flexの活用例を挙げてみます。

  • 玄関で天気予報、音楽再生
  • 遠隔地の簡易見守り
  • 防犯対策

いちいちアレクサと声掛けしなくていいので、これまでのEcho dotやEcho Showとは違った活用方法が拡がります。

玄関付近で天気予報を流したり。

玄関で音楽を流したり。

モーションセンサーの向きを変える発想はとても参考になりました^^

さあEcho Flexを使ってみよう!

Echo Flexを活用してみよう

今回は、モーションセンサー目当てでEcho Flexを買ってみました!

いちいち音声でスマートスピーカーを制御するのが面倒な方は、Echo Flexとモーションセンサーが便利です。

Echo dotやEcho Show 5でも定型アクションで時間指定での動作など使いこなしてみると面白いかもしれません。

わが家では、廊下にEcho Flexを設置して、動体検知で自動で帰宅時に照明をつけたり、最新ニュースを流したりして活用してます。

音声でのスマートスピーカーに飽きた方はモーションセンサー、ぜひお試しあれ!

Nature Remoレビューはこちら

リモの壁掛け
【Nature Remoレビュー】ネイチャーリモミニは壁掛けが便利!大きさ、機能、価格の違いは? 「Nature Remo(ネイチャーリモ)とNature Remo mini(ネイチャーリモ ミニ)の違いは何?」 「ネイ...

Echo Show 5レビューはこちら

echoshow5表
Echo Show 5の使い方、おすすめ機能3選。dotと置き換えてカラオケが捗る!?Echo show5の使い方、おすすめ機能について解説した内容です。Echo show5のセットアップ方法やできることがわかりますよ。Echo show5を使いこなしたい人は必見。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です