プログラミング

Python(パイソン)の制御文の使い方は?(if文、for文、while文)

Python

「Python(パイソン)で制御文ってどう書くの?」

今回は、Python(パイソン)の制御文、if文for文while文の使い方について学んでみましょう。

制御文とは、指定した条件を満たす場合に実行される文です。

以下、制御文には2つの種類があります。

  • 条件分岐:if文
  • 繰り返し:for文、while文

以下、Jupyter notebook(ジュピターノートブック)を使って実際にPythonのコードを書いていきます。

まだPythonの環境を構築していない方はこちらの記事をお読みください。

関連記事Python(パイソン)環境をAnaconda(アナコンダ)で構築!Jupyter notebookの使い方は?

では、さっそくPythonの制御文(if文、for文、while文)の使い方について学んでいきましょう!

条件分岐(if文)の使い方

条件分岐ではifを使います。

if、elif、elseを使って、以下のように書きます。

if 条件式1: #条件式1を満たす場合
処理1
elif 条件式2: #条件式2を満たす場合
処理2
else: #条件式1も条件式2を満たさない場合
処理3

x = 50
if x > 10: #xが10より大きい場合に以下の文が実行
    print("xは10より大きいです。")
elif x<0: #xが0より小さい場合に以下の文が実行
    print("xは0より小さいです。")
else: #xが0以上10以下の場合に実行
    print("xは0以上10以下です。")
if文大きい
x = -3
if x > 10: #xが10より大きい場合に以下の文が実行
    print("xは10より大きいです。")
elif x<0: #xが0より小さい場合に以下の文が実行
    print("xは0より小さいです。")
else: #xが0以上10以下の場合に実行
    print("xは0以上10以下です。")
elif小さい
x = 7
if x > 10: #xが10より大きい場合に以下の文が実行
    print("xは10より大きいです。")
elif x<0: #xが0より小さい場合に以下の文が実行
    print("xは0より小さいです。")
else: #xが0以上10以下の場合に実行
    print("xは0以上10以下です。")
else以上以下

条件式は以下です。

演算子 真となる条件
== a == b aがbと等しい
!= a != b aがbと異なる
> a > b aがbより大きい
>= a >= b aがb以上
< a < b aがbより小さい
<= a <= b aがb以下

繰り返し文(for文、while文)の使い方

繰り返し文は、同じ処理を繰り返し実行する文法です。

  • for文:ループ回数が分かっている場合に便利
  • while文:ある条件を満たす時に、ループを抜ける処理をしたい場合に便利

for文は、例えば1から100までの数を出力するプログラムの時に使用します。

while文は、例えば437の2以上の約数を1つ見つけて出力するプログラムの時に使用します。

for文の使い方

for文を使って、1から10までを出力してみます。

#1から10を出力するプログラム
for i in[1,2,3,4,5,6,7,8,9,10]:
    print(i)
  1. リストの0番目の値からiに代入
  2. リストの全ての要素に対して同様の処理を行う
  3. この場合は10回の繰り返し
for文1から10出力

繰り返しの範囲を指定するのに、range関数を使います。

  1. range(A):0以上A未満の範囲を+1ずつ変化
  2. range(A,B):A以上B未満の範囲を+1ずつ変化
  3. range(A,B,C):A以上B未満の範囲をCの移動幅で変化
for i in range(7):
    print(i)
for i in range(3,8):
    print(i)
for i in range(4,10,2):
    print(i)

これをJupyter notebookで実行してみるとこんな感じに出力されます。

for文range関数

while文の使い方

while文の使用例が以下です。

条件式(count<=10)を満たすようにループさせています。

count = 1
#countが10以下の場合にループする
while(count <= 10):
    print(count)
    count = count +1 #countを1増やす
while文

応用編として、約数を見つけるループ例は下記です。

ヨシタカ
ヨシタカ
437の約数を1つ見つけるプログラムになっています。
count = 2
while(True): #breakするまで無限ループ
    if 437 % count == 0:
        print("約数は"+str(count)+"です。")
        break
    count = count +1
while文約数

Pythonで制御文を書いてみよう!

今回は、Pythonで制御文、if文、for文、while文を学びました。

  • 条件分岐:if文
  • 繰り返し:for文、while文

Pythonでのif文の書き方は以下です。

if 条件式1: #条件式1を満たす場合
処理1
elif 条件式2: #条件式2を満たす場合
処理2
else: #条件式1も条件式2を満たさない場合
処理3

for文とwhile文については下記で使い分けてみてください。

  • for文:ループ回数が分かっている場合に便利
  • while文:ある条件を満たす時に、ループを抜ける処理をしたい場合に便利

習うより慣れよ。色々と試してみてくださいね!

こちらの「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」もPython初心者の方におすすめです♪

次はPythonの関数とクラスについて学んでみましょう♪

関連記事Python(パイソン)で関数、クラスの作り方ってどうするの?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です